医食同源―アラカルト
シリーズ野菜の力 その1
ishigaki
 ニラ の力

    硫酸アリル細胞の酸化を防ぎます。
    クロロフィル抗がん作用が注目されています。
    アリシンビタミンB1と結合して疲労回復効果を発揮します。

 パプリカ の力

    ビタミンCレモンの約2倍。美肌づくりに欠かせません。
    β−カロテン老化防止や肌荒れ予防、がん予防にも。

 ニラと桜海老の韓国風お好み焼き(1人前)

    @ 市販のチヂミ粉1カップ、卵1個と水150ccを混ぜる。
    A フライパンにごま油をひいて、@を焼く。
    B 約3cmに切ったニラ4本と適量の桜海老を上にのせる。
    C ひっくり返して反対の面を焼く。
    D 酢と醤油等お好みのたれでどうぞ。

 パプリカのアフリカンサラダ(2人前)

    @ 赤パプリカ2個を皮が黒くなるまで網で焼き、冷水に入れる。
    A 皮をむいて種を取り、1cm各に切る。
    B 切ったパプリカに、エキストラバージンオリーブオイル、塩、粗びきこしょう
       コリアンダーの粉を適量ふりかけて混ぜる。
    C ケーパーとパセリのみじん切りをちりばめる。
医食同源―アラカルト
シリーズ野菜の力 その2
ishigaki
 ニガウリ の力

    苦味成分血糖値や血圧を下げたり、食欲を増進させます。
    ビタミンC加熱しても壊れにくく、シミ・ソバカス予防に効果的。
    β-カロテン、ビタミンB1、ミネラル疲労回復を促進します。

 モロヘイヤ の力

    カロテン・ビタミンB群・ビタミンC・ミネラルスーパー野菜
    がん予防、高血圧・動脈硬化予防、骨粗鬆症予防、疲労回復、便秘、貧血予防

 ゴーヤーチャンプルー(3〜4人前)

    @ 豚バラ肉150gを5cm程に切り、縦切りのニガウリ(1本)の種やわたを
      取り除き2〜3mm幅に切る。
    A フライパンで油を熱し、豚肉を炒める。
    B 水切りした木綿豆腐1/2丁を適当な大きさにちぎって入れ、焼き色をつける。
    C ニガウリを入れて炒め、少ししんなりしたら、塩と醤油を適量入れる。。
    D 中2個の溶き卵を加え全体に混ぜて、仕上げに鰹節をかける。

 まぐろモロヘイヤ丼(2人前)

    @ 60gのモロヘイヤの葉を熱湯でさっとゆで、水にとる。
    A 器に入れたご飯の上に、水気をしぼってたたくように細かく刻んだ
      モロヘイヤと200gのネギトロ用マグロをのせる。
    B 刻みのりをたっぷりかけ、練りワサビをお好みの量溶いた醤油をかける。
医食同源―アラカルト
シリーズ野菜の力 その3
ishigaki
 あしたば の力

    カロテン・ビタミンB2・ビタミンC・鉄・カリウム・カルシウム等
     高血圧、腎臓病、肝臓病等の予防
    フラボノイド抗酸化作用、貧血や便秘にも効果

 里芋 の力c

    ムチン胃粘膜保護
    ガラクタン脳細胞の活性化

 あしたばオムレツ(2人前)

    @ あしたば一束をゆでて細かく切り、溶き卵3個と混ぜ合わせ、
       適量の塩と胡椒を加える。
    A フライパンでサラダ油を熱し、適量のバターを加える。
    B フライパンに@を入れ、フォークで大きくかき混ぜる。
    C 卵が半熟になったら、フライパンの縁を利用して丸める。
    D 皿に盛り、ケチャップを添える。

 里芋のコロッケ(4人前)

    @ 里芋中8個を皮付きのままラップし、電子レンジで約6分加熱する。
    A 熱いうちに皮をむいてつぶし、塩・胡椒とサイの目に切ったチーズ(100g)
       (お好みでツナや小海老等)を入れ、一口大に丸める。
    B 小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつけ、油でカラッと揚げる。
医食同源―アラカルト
シリーズ野菜の力 その4
ishigaki
 小松菜 の力

    カルシウムほうれん草の約5倍
    ビタミン類特にビタミンAとCは小松菜100gで一日の所要量を満たす。
     がん予防に効果があると言われるカロチンも豊富に含む。

 大根 の力

    ジアスターゼ消化を促進し、胸やけや胃酸過多、胃もたれ、二日酔い等に良い。
    ビタミンP(皮)毛細血管を強化し、脳卒中の予防効果に期待。
     また皮にはビタミンCも多く含む。

 じゃがいも団子と小松菜のあんかけ(3人前)

    @ じゃがいも大4個とにんじん中1/2個をそれぞれすりおろし、水気を取り除く。
    A 小松菜2束をゆで、3cm幅に切る。
    B ボールに卵白1個分を入れて泡立て、すりおろしたじゃがいもを入れてかき混ぜる。
    C おわんにラップをひき、適量のBを入れてラップでねじり閉じ、団子を作る。
       Bが半量程度になった時点で、にんじんを加えてかき混ぜ、同様に作る。
    D Cを電子レンジで2〜3分加熱し、小松菜と一緒に器に盛る。
    E 鍋にだし汁100cc、醤油大さじ1.5、みりん大さじ2と水溶き片栗粉大さじ1を入れ
       煮立て、Dの器にかけ、千切りしょうがをのせる。

 切り干し大根の煮物(4人前)

    @ 切り干し大根をさっと洗い、水で戻して水をきり、お好みの長さに切る。
    A にんじん1/2個を2〜3mmの厚さにいちょうぎりし、厚揚げ1枚を熱湯にかけて
       油抜きし、7〜8mmの厚さに切る。
    B 鍋にサラダ油大さじ1とゴマ油小さじ1を熱し、切り干し大根を強火で全体に油が
       回るまで炒める。
    C Bにだし汁約250ccを加えて煮立て、にんじん、厚揚げを加え、酒おおさじ2、
       砂糖大さじ1、みりん大さじ1.5、醤油大さじ2で調味する。
    D Cを時々混ぜながら、中火で汁けがほぼなくなるまで煮る。