情報かわら版
ジェネリック医薬品(後発医薬品)ってなあに?
ishigaki
 ジェネリック医薬品とは

    10〜15年の年月と150億円〜200億円の投資で開発される新薬。
    その薬品の有効成分は投資の回収の為、20〜25年間の特許が認められ
    開発会社が独占的に製造・販売を行えます。
    特許期間が過ぎると、その有効成分は他の医薬品会社も、厚生労働省の承認を得て
    製造・販売を行えます。
    特許満了後に他の医薬品会社が製造・販売する医薬品を総じてジェネリック医薬品
    (後発医薬品)と呼んでいます。

 ジェネリック医薬品の値段は

    開発に多額の投資を必要としない為、厚生労働省で決められる販売価格は、
    先発医薬品の平均で約半額とされています。
    医薬品の種類により値段の差(%)は異なります。

 ジェネリック医薬品の安全性と有効性は

    厚生労働省は、先発医薬品と同一成分である事から
    安全性及び有効性に問題は無いとしています。本当でしょうか?
    後発医薬品に含まれる不純物、添加物の影響が全く考慮されていません。
    先発品も当然不純物、添加物を含んでいますが、臨床試験で不純物、添加物を
    含んだ医薬品として安全性と有効性が確認されています。
    製造方法が先発医薬品と異なる後発医薬品は、先発医薬品とは異なる不純物、
    添加物を含んでいます。
    後発医薬品では、不純物、添加物を含んだ薬品の臨床試験はされないので、
    不純物、添加物による副作用の発現や有効性の違いが生じる可能性も
    否定出来ません。

 ジェネリック医薬品を使われる場合は

    効きめが違うと感じたり、薬を服用する事によって体に変調を生じた場合には、
    すぐに医師又は薬剤師にご相談下さい。